家庭の協力

スポンサーリンク

いつになく、練習をがんばって来たな!
と、手に取るように分かる演奏を聞かせてくれた先日の生徒。

「お母さんに、沢山聞いてもらったんだ。」と、嬉しそうに話してくれました。
その子のがんばりと、お母様の対応に、感動してしましました。
どうも、練習時間が思うように確保できていな…と
あれこれ対策を考えた末、お母様にも状況をお話しした後での変化でした。
ご家庭でもいろいろ考えられたことと思います。
状況を受け入れ、その上で自分に出来る事を考え実行していく姿勢に
私が学ばせて頂いた気がしています。
その姿勢こそ、全てにおいて、本当に大切な事かもしれませんね…

スポンサーリンク

と同時に、やっぱり、私に出来ることは
本当に小さなことだけだと、実感しました。

きっかけを作ることは出来ても
それを受けて、どう進めて行くかは、生徒一人一人、
また、その家庭それぞれです。

息子達が小学生の頃住んでいた所に、「学家地連」なんていう会?がありました。
「学校」 「家庭」 「地域」 の意味なのですが
その全てが協力し合って、子供たちを育てて行こう、と言う主旨だったと記憶しています。
子育ての中で、何度となく、私一人では育てられないな…と実感したものです。
(それだけ、親子共々、余所の人にお世話になって過ごした訳なのですがw)
子供が大きくなるにつれ、そのありがたさにも、気付かされることが少なくありません。

と、話がそれてしまいましたね…

さて、私はしっかり自分に向き合えているかしら?
感謝し、自分を振り返りつつ、今日もがんばります♪

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください