脱力ってなんだろう?「力が抜けているかどうか」

スポンサーリンク

腕や肩の力が抜けているかどうか、
これを自分で確認できるようになるまでは、結構時間がかかりました。
それまでの蓄積があるので、本当に力が入っていない状態自体を認識できませんでした。
運動をしてみたり、ホットヨガに行ってみたり、整形外科に行ってみたり、
あれこれ試しました。
一番、良かったのは、整骨院かな…
たまたま上手な先生にやっていただいたせいか、一回でその状態を認識できて、いい体験でした。
その他、ヨガの呼吸法と、丹田を中心にした体の使い方への意識は、とても参考になりました。
姿勢の面では、バレエも良かったです。
バレエは椎間板ヘルニアが支障になって続きませんでしたが(^^ゞ

スポンサーリンク

一度、力が入っていない状態を認識できれば、もし、力みが出たり、どこか痛くなっても、セルフチェックでリセットできます。
ゼロの状態を探して、しっかりインプットしてみてくださいね。

 
この本は、上半身や肩の体操のページが参考になりました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください