分かっていても難しい「調号」

スポンサーリンク

保育士資格を目指している生徒さんに、楽典のフォローをしています。

先日、調号についてのフォローを考えている時に
「10分で覚えられる…」なんていうサイトに出会いました。
またまた~ありがちなサイトだろうな~と、思いながら見てみましたが、
これがなかなか良くて驚きました!
確かにこれなら10分で(個人差はあるでしょうけれどw)覚えられそうです。
しかも、方法を習得してしまえば、試験の問題もさっと解けそうです。

「分かっている」 ことと 「教えられる」にはギャップがありますね。
それだけ、自分の理解が浅いことを思い知らされます。
楽典の本は、沢山出ていますが、今回は

スポンサーリンク

自分が理解できるか
生徒さんに分かりやすいか

の視点から教材を選ぶ大切さを学べました。

「ゴールは一つ、でも、そこへたどり着く道は何通りもある」
どなたかの言葉を、ふと思い出したのでした。

簡単調号暗記 リンク
http://matome.naver.jp/odai/2136511911915125501
参考書籍 楽典の基礎理解に…練習問題も充実していて、実際に問題を解きながら学習できます。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください