肩・腕・手頸の脱力と姿勢

スポンサーリンク

「脱力」と姿勢の関係には、それはそれは深いつながりがあります。
先日、力の入っていない状態の確認について書きましたが、
確認できた脱力を維持するための、ちょっとしたコツもお話ししていきますね。

今回は、胴体の状態について…
腕などの力が入っていない状態を確認できるようになったら、
その状態を、立った姿勢で維持してみましょう。
丹田を意識して、腰に重心が来るように身体全体を意識します。
立ち姿勢で、足~背骨~頭の自然なバランスを体で感じられるようになってきます。
それが感じられたら、さらに脱力の状態も確認しやすくなると思います。

スポンサーリンク

これは、普段の生活にもとても良い影響があります❤
私事ですが、ヒールの靴を履いても足先が痛くならなくなり、頭痛も減りました(*^_^*)
寝違えた首がピアノを弾いているうちに楽になるという、友人のミラクルに遭遇したこともあります(笑)

≪参考動画≫
正しい姿勢は楽器の演奏にも大きく影響します。ぜひ身に着けたいですね♪

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください