アルペジオを美しく弾くために

スポンサーリンク

「アルペジオ」は、使われない曲を探す方が
難しいのではないかと思うほどですね。
以前、ドビュッシーのアラベスク1番で学んだことですが
アルペジオは、ペダルなしで指でつなげて弾けるようにすると、
美しいレガートになります。
そんなのは、当たり前!ですが、
中には、かなり音が離れている場合もありますので、
指でつなげるにも限界がある、と思っていました。
実際、「切って素早く移動させる」とか
「腕、肘、手首の回転を加えてつなげる」
と、教わったこともあり、そうしないと弾けないでしょ?
というのが、私の考えでした。
手も小さいし、尚更です(笑)
でも、その思い込みを取り払うと、
以外にもつなげて弾けるところが多くて、びっくりでした。
手の大きい人の様にはいきませんので、
手首の角度、指使いなど、色々と調整が必要ですが…
でも、「出来ない」と言う程でもないです。

スポンサーリンク

それ以来「出来ない」は禁句になりました。
もちろん教室でも禁句です♪

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください