月別アーカイブ: 2014年12月

2014冬の音楽会

スポンサーリンク

 

すっかりご無沙汰してしまいました。
書きたいことは山ほどあったのですが、ううん残念(^_^;)
おいおい書いていきます(思い出せるのか!?w)
さて、昨年に引き続き、今年も無事に音楽会を開催することが出来ました。
場所探しから、様々な課題にぶつかり、直前に暗譜が吹っ飛ぶ不測の事態にも見舞われましたが、無事終了することができました。
参加して下さった方々から、温かいお言葉を沢山頂戴し、救われた思いです。
舞台裏もさることながら、出演された皆様には、それぞれに準備を重ね演奏し、この音楽会を機会に、次の目標を持ち帰られた様で、主催者冥利に尽きます。
昨年もそうでしたが、そのような機会にしていただけたことは、何よりの喜びです。
また、吉橋雅孝さんのショパンの演奏では、今回は作品番号にまつわるお話しや、ショパンが書いた楽譜と、フォンタナが手直し?して出版した楽譜との比較演奏など、とても興味深いものがありました。
「いつも聞いているCDとの違いに気付いた時、なんだかとっても嬉しかったです!」とのお言葉もあり、ああ、開催出来て良かったな~と、心から思いました。
さて、私自身はどうだったかと言うと、弾いている最中に、何度か曲にものすごく集中している瞬間を感じることが出来たことが、最大の収穫でした。
あの感覚を、練習中でも再現して行こうと思います。忘れないように…
また、指導する側として、考えさせられることが沢山ありました。
場所探し、プログラム作りの段階から、生徒の曲の準備まで、考え直さなくてはならないことが沢山あります。
もっと知識を高めないといけないなと、痛感しました。
最終的に何を目的とするのか、狙いを何に置くのか、芯をしっかり定めていないと、上に乗るものもガタガタです。
音楽も一緒ですね…
参加して下さった皆様、
出演を快く引き受けて下さった吉橋先生、
日頃から、ご理解ご協力くださっている、生徒とご父兄の皆様、
出演や、会場設営で協力してくれた友人に、心から感謝しております。
本当に、ありがとうございました!!!!!
さあ、勉強するぞ~!!!(^o^)丿

 

 

スポンサーリンク

時間について考える…

スポンサーリンク

吉橋先生のブログより 時間について考えさせられました。

何かと気ぜわくなってきましたね。
クリスマスだ、お正月だ、年賀状作らなきゃ、大掃除しなくちゃ、音楽会の準備に曲の準備に…
あああ~気持ちばかり忙しくて、やることは全然進まない~
きっと、皆さんもそうであろうと!(笑)
そんな風に感じている所、先生と、時間についてお話しする機会があったこと、
また、先生のブログが、時間について考えるきっかけになりました。
普段は、時間に追われている側です。
追われる側から脱出したい…
前準備が足りないことも分かっているけれど…
スマートフォンやパソコンを開けば、当初の目的をすっかり忘れて、SNSで友人の投稿を読みふけり、そこからリンクでネットサーフィン。2,3時間はあっという間に飛んで行きます。
それが逆に首を絞めていることになっている事には、なかなか気づかないものですね。
子供に「ゲームばっかりしてないで!!」と言えません(^_^;)
伝達される情報、移動の時間、食べ物、家事、教育に至るまで、速いことが歓迎され、
加速し、何もかもがスピードアップ。
私が子供の頃とは、雲泥の差があります。
きっと、大きな変化を、直に体験した世代だと思いますが、
今よりは、多少なりのんびり?していた子供時代を思うと、本当にこれで良いの?
と、自分の時間の使い方も含め、疑問に思うことがあります。
日が沈んで星が見えてくるまで、芝生に寝転んで空を眺めたり
虹の上を歩く夢を叶えようと、虹を追って走ったり
朝の匂い、夜の匂い、雨の匂い、雪の日の音の無い世界
身近にある時間の変化を楽しめているかな…
それが出来たから良いとか、出来ないから良くない、ということではありませんが、
「早い・速い=良い」
そんな公式に流されがちな今日、ちょっと寄り道して、
時間を楽しむ余裕を持てたら良いな、と思いました。

スポンサーリンク

日頃から、先生のピアノの魅力は、
音楽が空間を広げて行く感覚を味わえることだと感じているのですが、
響きや、曲の時代背景、文化、などを追及し続けている姿勢に関連しているのだろうな…と思います。
そして、それはどれも、「時」に関係しています。

思考は後を絶ちませんね。

私は、その場で出来る事は全て出し切っているかな?
今日のレッスンはどうだったろう?
やるべきこと、やりたいこと、一歩でも前に進めたかしら?
振り返り、明日に活かそうと思います。

「時」を愛しみつつ…

スポンサーリンク

初めての弾き歌い

スポンサーリンク

先日、Jazz&Bar Clipperで開催されたライブに参加して来ました。
2曲演奏出来るということで、何を思ったか弾き歌いに初挑戦しました。
終わってから、無謀だったな~と、つくづく思いましたが(笑)
でも、新しい事への挑戦は、いつも発見があって面白いですね。
今回は…
練習している最中から、ピアノを弾きながらだと、声が出にくい現象に遭遇し、
なぜだろうと、あれこれ考えました。
立って歌う時と、全然違う。
よくよく体の状態を確認しながら練習していると…なるほど!
腕が前に出るため、前すぼみ、前傾の姿勢になっているから、
お腹・肺・喉が開けないのです。
いつも、視唱のレッスンでも言われていましたが、立って歌う時でも、
なかなか意識が行かないのに、ピアノを弾きながらだと、尚更ですね。
声が出やすい姿勢は歌の時だけ、と思いがちでしたが、ピアノを弾く時にも
同じ意識を持つと、姿勢も良くなることを発見し、ホクホクしました❤
う~ん、収穫収穫♪

スポンサーリンク

で、意気揚々と?出かけて行ったわけですが、
昨日今日発見したことがおいそれと出来るわけがありません(笑)
またもや撃沈してきました。でも大きな挑戦をしたから、まあいいか!(*^_^*)
と自分を励ましています。

演奏の写真も友人が撮影してくれましたが、
頭と肩が思いっきり前のめりで、もう少し重心を下に出来ない物かな、と反省です。

日頃意識しないことは、定着しませんね。
さて、弾かない時にも出来る事。
まずは姿勢の維持から徹底しましょうか。

歌が自然に出てくるように…

おまけ♪ 弾き歌い練習の記録 

練習の方がまだ上手く行ってたかな
音程ずれてるし、喉声ですよ~ってご指摘が聞えそうですがwww

スポンサーリンク