リズム変え練習

スポンサーリンク

グラドゥス・アド・パルナッスム博士での、16分音符を均等に並べるのに、苦労しています(笑)
どうしても、つるっと行ってしまうところが、何箇所かあります…
指が滑る時は、リズム練習!は鉄板ですねw
効力はあると分かっていますが、やっぱり、考えることなく練習していると、ただ、リズムを変えて並べただけになってしまいます。
というか、今までは、ただ並べられればOK!でした。
が、ここに、思考をプラスすると、リズム練習は脳と指のつながりを強化させるものだったことに気付かされます。
リズム練習が、ただリズムを変えて弾く練習、では、目的が浅かったのですね。

スポンサーリンク

スポーツ選手は筋トレをする時ですら、どの筋肉を鍛えているのか、まで意識しながらするそうですが、その方が、何倍もの効力があるとか…これは楽器の練習でも同じことが言えそうです。
「何のために、この練習をするのか?」
これは、どんな練習をする時にも大事なことですね。

せっかく気づけたので、私も脳をしっかり使いながら、リズム練習を始めたのですが、これ、もう一ついいことがありました!
曲を通す時にも、脳と動作がつながり易くなっている感じがするのです。
「頭を使って」は、レッスンでも先生からよく言われることですが、すこ~し近づけたかな?
今日のレッスンが楽しみです♪

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください